よくある質問

Q1
どんな原稿でもよいですか。
A.
ジャンルは問いません(随筆、評論、ノンフィクション、小説、詩集、句集、歌集、写真集、画集、絵本、
自分史、歴史書、教育書、学習書、実用書、理工学書、医学書など)。CDやDVD付の出版も可能です。
原稿をお送りいただければ、お勧めする出版形態(共同出版・企画出版・個人出版)の審査結果を
2週間以内にご連絡いたします。
契約が不成立な場合はお申し出いただければ原稿はお返しいたします。
Q2
原稿の量はどのくらいあればいいですか。
A.
原稿用紙40枚(16000字)あれば約50頁の本が作れます。
50頁より少ないと本としての体裁がよくありませんのであまりお勧めできません。
ただし絵本などは10頁くらいから可能です。

Q3
原稿は、メモリー、CD、メールの添付などでもよいですか。
A.
USBメモリー、CD、メールの添付などでも受付けますが、
出来るだけ弊社ホームページの応募フォームをご利用ください。



Q4
原稿の審査はどのようにするのですか。
A.
当社編集部で審査し、お勧めする出版形態を決定します。
結果は2週間以内に原則的に文書でお伝えしますが、
メールや電話でお返事することもあります。
Q5
原稿の審査に費用はかかりますか。
A.
原稿の審査には費用は一切かかりません。


Q6
共同出版の場合、本の所有権はどうなりますか。
A.
本の所有権は基本的に著者に帰属し、販売前と販売期間終了後の在庫は無料でお引き取りできます。
ただし、販売期間中の所有権者は出版社となり、著者には割引で購入していただきます。
企画出版での所有権者は出版社になります。

Q7
印税はどうなっていますか。
A.
初版については、発行時に印税相当分としてご負担額を差引き、1年以内に一定額以上の売上があった場合は超えた額の50%をお支払いします。
増刷になった場合は、売上の30%から40%お支払いします。
Q8
増刷はどうなりますか。
A.
売れゆきが好調で、今後も販売が見込めそうな場合は、著者に了承していただいた上で
費用を出版社が全額負担して増刷します。
Q9
完成するまでにどのくらい時間かかりますか。
A.
原稿の内容や量によって異なりますが、通常3ヵ月から6ヵ月程かかります。
お急ぎの場合は可能な範囲で対応させていただきます。


Q10
校正はしてくれるのですか。
A.
初校ゲラは、当社専属校正者が、誤字、脱字、文章のチェック、事実確認などを行ってから出校します。
著者には初校ゲラと再校ゲラにより原則2回校正していただくことになります。
修正の量、内容、著者希望など状況により著者校正を3回以上行っていただく場合もあります。
Q11
共同出版で売れ残った本はどうなりますか。
A.
ご希望の場合は無料でお引き取りいただけますが、送料はご負担いただきます。
また、ご希望の場合は引続き販売することもできます。 


Q12
著作権はどうなりますか。
A.
共同出版、企画出版、個人出版、増刷も含めて著作権は著者に帰属します。

Q13
本の流通の仕組みを説明してください。
A.
通常、本が発行されると取次会社を通じて新刊委託として書店に配本されます。
委託された本は返品が可能なため、書店は在庫を抱えるリスクがないまま本を書棚に並べることが
できます。
もちろん、店頭になくても注文で購入することができ、最近はネット書店を通じて購入する読者も
増えています。
東京図書出版から発行された本は、書店でもネット書店でも購入することができます。
Q14
返品された本はどうなりますか。
A.
返品された本は出版社や業者の倉庫に保管され、傷んだものはカバーや帯を付け替えたり、
汚れを取ったりして新品同様に再生され、再び販売されます。

Q15
新刊委託はどこの出版社もしているのですか。
A.
出版社によっては新刊委託によって書店に配本することは行わず、注文のみの対応のところもあります。
東京図書出版から発行される本は新刊委託をできるだけ多くして、一部を注文用に在庫しています。


Q16
電子書籍はできますか。
A.
電子書籍をご希望の場合は、紙の書籍と並行して販売することもできますが、
電子書籍のみの販売は扱っていません。


自費出版から書店流通までをサポート【東京図書出版】