自費出版なら東京図書出版         
随筆・評論
前のページに戻る
ISBN4-434-00616-9

我が人生半分に思うこと
河田享三著  四六判 57頁 定価700円

「定年までが人生半分であり、その後の半分はやすらぎの時であり楽しみの時である」と胸膨らませる著者がせつせつと語る逆境人生。息子たちに送るメッセージ。
 

書名または出版社名で検索できます。
自費出版から書店流通までをサポート【東京図書出版】