自費出版なら東京図書出版         
随筆・評論
前のページに戻る
ISBN4-434-00815-3

港に灯のともる頃
高松光代著 四六判 280頁 定価1200円

これまでの人生を振り返り,人間の生き方を真摯に見つめて書かれたエッセイ集。数々の短歌は読者の心に深く染み入る。
 

書名または出版社名で検索できます。